食物調理科

進学する学力を備えたうえで、
調理のプロをめざす技術と姿勢を
本格的な指導により鍛える。

高等学校卒業資格とともに調理師免許が取得できる、数少ない学校の一つです。有名店のオーナーシェフやパティシエなどプロの本格的な指導のもと、和食・洋食・中華、創作料理、お菓子づくりまで、調理師の名にふさわしい技術と知識を獲得できます。一般科目の基礎学力もしっかりと学んだうえで専門技術を磨き、地域連携活動で業界のさまざまな仕事を体験しながら学べるため、進学して幅広い未来をめざすことができます。

食物調理科の特徴

1調理師免許(国家資格)を無試験で取得
2基礎学力や教養も磨き、進学にも対応
3有名店の料理人による本格指導
4学びをバックアップする本格的な施設・設備
5地域連携活動で業界の実際を知りながら学ぶ

取得できる資格

★調理師免許

この資格が取得できる高校は、愛知県内にわずか3校。
名古屋市を含む尾張地方では本校だけです。
広い範囲の内容を学ぶことになりますが、3年間で着実に習得できるよう指導します。

※3年次に技術考査に合格すれば、将来「専門調理師」の資格試験を受験する際、学科試験が免除になります。

  • 食品衛生責任者
  • 料理検定
  • 豆乳資格検定
  • 菓子検定
  • ハーブ&スパイス検定
  • ハーブ・アロマ検定
  • 英語検定
  • 漢字検定
  • ビジネス文書実務検定 ほか

地域連携活動やコンテスト参加など豊富なアクティブラーニング

PICK UP

「幸せいっぱい万福おせち」で
地域の魅力を全国へ。

東武トップツアーズによる企画「高校生おせちプロジェクト」に全国の高等学校10校が参加し、地域の魅力を伝えるおせち料理を開発しました。本校食物調理科の生徒は、リンゴとクリームチーズの栗きんとんや愛知県特産の銀杏を使った伊達巻など、老若男女が楽しめる和洋折衷のおせちを考案。一般に向けて販売されました。

高校生おせちプロジェクト

その他の活動

  • 「こどもクッキングいちのみや」 食育イベントに講師として参加
  • 「おもてなしモーニングcafe」 地元食材を使って料理を提供
  • 第11回全国こどものための愛情弁当コンテスト 優秀賞を受賞
  • 第5回 高校生和食料理コンテスト 企業賞を受賞
  • 中日新聞尾張版「 With KIDS」に生徒考案レシピを定期掲載
食物調理科

1年 白木 康介さん

一宮市立尾西第二中学校出身
陸上競技部

好きな料理と栄養の知識を学ぶのが楽しみです。

修文の食物調理科を選んだのは、得意な陸上競技を続けながら料理や栄養学を学びたいと思ったからです。幼い頃から食べることが好きで、中学時代から親の手伝いで料理をするようになって、その楽しさを知りました。栄養学は選手としての体力強化にも役立つと考えています。文武両道の精神で勉強にも部活動にも励みます。

実習で作った料理をUP!!

insta shubun.syokumotu

学習の流れ

専門技術・知識と教養の醸成期
1年次

プロをめざす意識を高め、
一般教養もしっかりと学ぶ。

科目名 単位
現代の国語 2
言語文化 2
地理総合 2
数学Ⅰ 3
生物基礎 2
保健 1
体育 2
選択 音楽Ⅰ|書道Ⅰ 1
英語コミュニケーションⅠ 3
家庭基礎 2
情報Ⅰ 2
衛生法規 1
食品学 2
調理理論 2
調理実習 3
食文化概論 1
ホームルーム 1
単位合計 32

※色がついている科目は食物調理科の専門科目です。

実力の徹底と知識拡大期
2年次

専門技術・知識を磨くとともに
体験を通して業界を知る。

科目名 単位
論理国語 4
公共 2
数学A 2
化学基礎 2
保健 1
体育 2
選択 音楽Ⅰ|書道Ⅰ 1
論理・表現Ⅰ 3
公衆衛生学 2
栄養学 2
食品衛生学 2
調理理論 2
調理実習 4
課題研究 2
ホームルーム 1
単位合計 32

※色がついている科目は食物調理科の専門科目です。

進路獲得力の完成期
3年次

希望進路を設計し、
かなえるための実力を磨く。

科目名 単位
国語表現 4
歴史総合 3
応用数学ⅠA ★ 2
科学と人間生活 2
体育 3
英語コミュニケーションⅡ 3
英語探究 ★ 2
食物研究 ★ 2
公衆衛生学 1
栄養学 1
食品衛生学 2
調理理論 2
調理実習 2
課題研究 2
ホームルーム 1
単位合計 32

※色がついている科目は食物調理科の専門科目です。★学校設定科目

食を通して将来の可能性を広げることが、食物調理科の目標です。

食物調理科では、右の3分野をバランスよく学びます。食に関する専門知識や技術のほかに英語・国語・数学などの一般科目も重視しているのは、幅広い学びと経験を経た3年後、思いどおりの進路を選び取るため。四年制大学や短大、専門学校への進学、海外留学、レストランやホテルなどへの就職など、多彩な進路があなたを待っています。

一般科目
調理実習
食に関わる知識

学びをバックアップする施設・設備

調理設備

食物調理科専用の、本格的な設備を備えた実習室を完備。
和食・フレンチからお菓子まで、ジャンルを問わずあらゆる調理が可能な広さと機材がそろっています。100人分の集団調理も可能。実践力を磨きます。

第一線で働くオーナーシェフやパティシエが質の高い実習・講義を提供

日本料理

池田 美香子 先生

日本料理店「 懐韻なつね
オーナーシェフ
池田 美香子 先生

江戸初期のたたずまいが残る名古屋・四間道地区に2014年開店。懐石風コース料理が人気。テレビやメディアでも活躍中。

西洋料理

森 仁 先生

専門調理師(西洋料理)
職業訓練指導員(西洋)
調理技能士(西科)
森 仁 先生

海外での経験や多くの国際イベントにおいてケータリングに従事。テレビ・ラジオへの出演や、雑誌への掲載も多数。

中華料理

鬼頭 忍 先生

専門調理師
(中国料理)
鬼頭 忍 先生

中国料理の実習講師として、専門学校でも調理技術を指導。愛知県中華料理生活衛生同業組合の常務理事を務める。

製菓

山口 真知子 先生

製菓衛生師
山口 真知子 先生

製菓専門学校でも、製菓理論学や洋菓子実習を担当。自宅ではオーダーケーキの受注・作成を行うほか、お菓子教室を開講。