成長しつづける卒業生

成長しつづける卒業生

普通科 母校の国語科教員に

message01

修文学院高等学校 国語科担当
高瀬 昌代 さん
MASAYO TAKASE

2005年3月卒業

高校時代の国語の先生に憧れて。

私が国語科教員になったのは、高校時代に国語担当だった女性の先生の影響です。明るくパワフルな人柄で、「源氏物語」の複雑な心理描写も自分の体験談を交えて「なるほど!」と思わせてくれる、楽しい授業に引き込まれました。当時はまだ一般的ではなかったジェンダーの視点も随所に織り込まれ、人生の先輩としても憧れを抱いた先生でした。

修文での教育実習で感じた手応え。

先生方の勧めで愛知県立大学の国文学科を受験し入学しました。教育実習で修文の3年生を担当し、手応えを感じたのは当時ニュースになった代理出産を題材にしたとき。真剣な表情で意見を出し合う生徒たちを見て、答えのない問いを考えることの意義深さを再認識しました。

※2005年入学当時

生徒の考えを引き出せる授業を。

願いがかない、2022年4月から母校で教えることになりました。私が生徒だったときに先生方から個別に声かけや指導をしていただいたように、国語が苦手な子にも寄り添いたい。タブレット端末を活用し、みんなが理解しやすく各自の考えを言葉にできる授業をめざします。

情報会計科 会計学を学ぶ

message02

愛知大学 経営学部
会計ファイナンス学科 2年
奥野 胡桃 さん
KURUMI OKUNO

2021年3月卒業

簿記検定を活かして愛知大学へ。

高校3年生の夏、全商簿記1級の資格が経営学部の推薦入試に活かせると知り、進路を就職から大学進学に変えました。限られた準備期間にもかかわらず合格できたのは、私のために「現代文」対策のプリントを用意し、口頭試問対策の指導をしてくださった先生方のおかげです。

会計の知識をさらに深めたい。

大学1年次は、経営学や会計学の基礎を学び、社会人向けの日商簿記2級も取得しました。高校で会計を学んだので授業は理解しやすく、簿記の勉強も高校での検定対策が役立ちました。2年次からはアカウンティングコースで会計の知識を深め、日商簿記1級にも挑戦します。

凝縮された高校3年間を支えに。

振り返ると、高校ではソフトボールに打ち込みながら勉強にも力を入れて多くの資格を取得し、凝縮された3年間だったなと感じます。いつでも先生に質問できる環境にも恵まれました。大学は自分のペースで学ぶ難しさがありますが、高校時代のように身近な目標を一つひとつクリアしていく形で自分を成長させていけたらと考えています。

家政科 服飾技術を活かす

message03

株式会社ノバレーゼ 商品管理(ドレスケア)
伊藤 智香 さん
CHIKA ITO

2013年3月卒業

転校生だった私への手厚い支援。

父の転勤で高校2年生の9月に千葉から転校してきました。先生は積極的に距離を縮めてくださり、目標だった食物調理検定1級の個別の受検指導や、ファッションショーのオープニングをひとりで歩くチャンスまで...。生徒の意欲に全力で応えてくれる熱意に感激しました。

専門学校でオートクチュールを学ぶ。

もともとは食物が一番好きで、卒業後は大学で栄養学を学びたいと思っていましたが、ショー作品を通して服作りの奥深さに気づき、舞台衣裳も学べる大阪の上田安子服飾専門学校へ。手縫いを織り交ぜながら一点物のドレスを製作するオートクチュールの技術を習得しました。

修文で知った服作りの楽しさを胸に。

勤務先では、新婦様にお貸しするウェディングドレスのお直しなどを担当しています。お一人おひとりに合わせ、より美しく見えるようミリ単位でサイズ調整し、一針一針に心を込めています。卒業以来ずっと服飾ひとすじで来られたのも、イメージどおりの一着を仕上げる楽しさを修文の先生が手取り足取り教えてくださったからこそです。

食物調理科 食品業界で活躍

message04

株式会社ピエトロ 食品事業本部
山内 みづき さん
MIZUKI YAMAUCHI

2015年3月卒業

現場の厳しさを知り、調理技術を磨く日々。

大好きなお菓子づくりや調理を学びたくて入学しました。印象深いのは、有名料理店のシェフなど第一線で活躍する先生から学べたこと。調理技術はもちろん、お客様が気持ちよく過ごせる空間を提供するというプロ意識や現場の厳しさを肌で感じて、気が引き締まりました。

夢がかなったパティシエ時代。

「進学した方が将来の選択肢が広がるよ」という先生のアドバイスも後押しとなり、パティシエをめざして製菓専門学校へ進学することに。そして卒業後、洋菓子店に就職しました。パティシエとして製造や販売に携わり多くの経験を積み、店長を任されて成長を感じました。

さらなる挑戦! 大好きな食品を全国へ。

新しい挑戦がしたくて転職を決意。大好きな食品を扱う会社で、中部地区での認知度向上をめざす営業職を志望しました。新商品の紹介や売り場づくりの提案のほか、オリジナルメニューを募る企画を母校で広報するなど、幅広く活動しています。職種は変わっても、修文で磨いたプロ意識は自分の武器となっていて、さらなる意欲が湧いています。